CUT A EVENT@Cutanews

Tokyo Figure Show

2009年8月4日〜9日 原宿(H&Mストア8F&9F)

Tokyo Figure Show

先週8月4日〜9日、原宿のH&Mストア8F、9Fで開催されました「Tokyo Figure Show」についてのイベントレポートです。

日本のちょっとアレな文化の伝道師たるダニー・チューさんグッドスマイルカンパニーさんによるコラボレーションによって実現したイベントで、原宿というちょっとアウェイっぽい気がする場所であえて開催するところに、フィギュアという文化を一般に広めるという素敵な志を感じますね。

まーしゃにようなフィギュアジャンキー以外にも、ぜひ多くの人に見に来てほしい楽しいイベントでした。(それならせめて開催期間中にレポートしような?)

dannychoo.comのマスコットキャラクタ、figma 末永みらい
ストーム・トルーパー姿でお出迎えのダニーさん
H&Mのエレベーター前にこの姿で現れた時には、通行人が一斉に撮影開始してましたw

会場内ではグッドスマイルカンパニーさんによるプロモーション映像が上映、vitaminwaterとフィギュアを組み合わせた展示など、遊び心豊富で画になる展示スペースはところせましと列べられた歴代のねんどろいどたちによってキャッチーなディスプレイ空間となっていました。

会場では無料で配られていたvitaminwaterは、三種類のテイスト
そのままでもおいしかったですが、会場ではカクテルとしても提供されており、こちらもグットテイスト!

WFでは時間の関係上さっと撮影しただけで、本来ならまーしゃ的には網膜に焼き付けるほど見ていたかったタマ姉…今回はじっくりねっとり撮影させて頂きました。発売されるのが本当に楽しみです。

ムネのむにゅっとした作りとかもうね!
そうか、これも一般の人みにきてるんだね…
実にたわわな上半身も魅力的だけど、やはりマニアックな視点としては
おなかに続く絶妙なラインを推しておきたいところ
撮影枚数が異常に多くなったというのも、わかってもらえるでしょうか

WFの時は…以下略、まぁあの時は展示スペースの照明的にかなり撮影が難しかったので、今回はアクリルケース越しながらも、比較的自然な照明下で撮影できたのはありがたかったです。

ディテールまでひたすら多い情報量をコレでもかと詰め込んだような精細なフォルム
スタイリッシュな中にあって、やっぱみどころは抑えてますよね

ショップでの早期展示などでも、早期サンプル状態から注目を集めていたセイバーリリー、いよいよ今月発売のカウントダウン状態での展示…と思っていたのですが、先日さらなる延期が発表されてちょっとガッカリ…この状態でも100点プリーズ!と叫びたいところでしたが、まだ最終じゃないとの話も聞こえてきたので、もうちょっとじらしプレイにつきあいましょう。

今までのイベントなどでの撮影枚数では、まーしゃの中では恐らく最多
製品買った後にレビューするところが残ってるか心配です…あっ、スカートの中があったな
以前の固定方法から比べてほとんど目立たなくなりましたね
ねんどろの方も楽しみ…いっそ、ねんぷちの方もよろしくして欲しい

これもWFで(ry…あの日は人だかりの外からちらっとだけ見えただけでしたが、余所様のイベントレポート見て猛烈に見損ねたことを公開していた一品です。

こちらは、デコマス状態ということですが…
こういった画になるフィギュアは、製品版の撮影がいまから楽しみです

みんな、もう通販の方は申し込んだ?まーしゃは忘れてたよ!

ペーパークラフトとは言え、見事な質感表現
表情違いということだけど、これはこれで飾り甲斐のある別バージョン
まーしゃ的にはカラバリの方が(ry

ええ、ほんとどこ行ったんだろうねぇ…と自分のイベントレポートを眺めながら、WFで見損ねた別バージョンも展示して欲しかったところです。
えっと、これは今月発売ですよね?…ほんとに今月だよね?訂正:こちらも10月発売になってたんですね。

初見の時、台座はどうなるのだろうと思っていましたが…見事な仕上がりを期待できそうですね
うん、楽しみですね

ショウケースの中にあって撮影が難しいものが多かった中で、絶妙な傾斜角度が良い感じに撮影しやすかったという点が非常に好印象。(なんてフィギュアの評価の参考にならない意見だろう)

重要なところなので、チラッとながらもしっかり写させてもらいました
思った以上に良いディスプレイ形態かもしれません

どうしてもアルターさんのと比較され…というか、むしろ可動フィギュアながらもアルター版発売の話題が霞んでしまうほどの期待感のあるアクスタ スバルさん。
これもレビューが楽しみであり、撮影そっちのけで遊んじゃいそうで怖くもあり…。

実際手にとって動かしてみたくなりましたが、ぱっと見かなり自由な可動範囲の割に
プロポーションやフォルムに影響ないところはさすがですね
既に発売済みの製品も多数展示されていました
やっぱ、このヨーコさんいいなぁ
製品に付属するおまけ版のものや…
一般的には確かに受け入れられやすそう(?)なねんどろいどシリーズ

一般の公開は18時まででしたが、その後に開催されましたパーティに招待していただき、フェイトさんと一緒に参加させて頂きました。

いやぁ、ほんと実にインターナショナルな参加層でありながら、みなさん大変日本語がお上手で…「Can you speak English?」と聞かれて「NO!」と即答するまーしゃでも楽しくフィギュアやカメラの話で盛り上がりました。

ダニーさんの娘さんとひさぎさんのところのフェイトさん
みんな、自分のとこの娘が一番カワイイとしか言わない、社交辞令の入る余地の無い世界!
うちのフェイトさんzaredsさんとこの凛じゃなくて、カレイドルビー?
なんでココだけコスプレ会場?みたいになっちゃってますが
この日土砂降りでさ、フェイトさんについては水陸両用仕様で参加してもらいました
きぃぃ…うちの娘より写真うつりがよろしくて、憎い!
んじゃ、また
CUT A NEWS Topへ
 一言ありましたらどうぞよろしくお願いします