CUT A REVIEW@cutanews

涼宮ハルヒの憂鬱 朝倉涼子 バニーVer. フリーイング版

メーカー:フリーイング 発売:2008/10
企画・制作・製造 FREEing 制作協力 グッドスマイルカンパニー
メーカー希望小売価格:11,800円(税込)

玩具レビュー

今日の午前中くらいまでは職場からつなぐと旧サーバ側につながっていましたが、ぼちぼちDNS情報も行き渡ったという感じでしょうか、これでようやく本格的にサイトリニューアルを考えられるというものですね、うん、来週からがんばろう!(今日がんばった人にしか明日はきません)

そんな訳で一週間遅れの「最後のでかバニー(AM)」、前回の喜緑さんでも書きましたがまさかこのシリーズがここまでのラインナップになるとは驚きです。
だって冷静に考えると、「涼宮ハルヒの憂鬱」関連として発売されているPVC完成品製品群の中でも一番豊富なラインアップとなる訳じゃないですか?
1/4サイズのバニーガールがねぇ…。

1/4サイズの真の恐ろしさ魅力がわかる立ちポーズはもちろん、開脚ロリやしゃがみポーズから尻つきだしまでと、おおよそこの手のフィギュアとしての基本ポーズを一通り網羅した上で今回は寝そべり、残っているのは四つんばいくらいしかありませんね…あれ?ソレ一番大事じゃね?

まぁ、これにて全部で6キャラ分となったこのシリーズのレビューも今回で最後となると、ちょっと寂しいものがありますね。
最初の頃の「みくる」や「ハルヒ」の頃はバニースーツの塗装がとか…あれ?「ハルヒ」?

いや、落ち着いてくださいセンセイさん、今回悪気はなくて本気で忘れてたんです。(未開封塔の真ん中辺りに埋まってます)
…じゃなくて、やはり真打ちは最後に登場するべきでしょう?そんな訳でこのシリーズ…もうちょっとつづくのじゃ

パッケージはそれなりの大きさだけど既にこの程度じゃ驚かないあたり
慣れって怖いなぁ〜

このシリーズはその大きさといい、実際の網タイツを使用したりとむやみにチャレンジブルな姿勢がたいへん漢らしいところでありましたが、前述の通りシリーズ当初の製品はバニースーツの塗装が多少べと付いたりと、若干完成度について難があったところもありますが、「キョンの妹」以降はそういった点も改善されバニースーツについてこれ以上のものは無いといってもいい素晴らしい完成度と言えましょう。(バニースーツ限定…だと?)

そんな訳でシリーズ最後発の「朝倉さん」、バニースーツについては前述の通りでありますが、さすが完璧優等生というのがふさわしいカラダつき…。
いや、総じてこのシリーズは、ロリアレはステータスだという二人を除いて全体的に各所ボリュームアップされた表現が素敵な訳ではありますが、今回はポーズも相まって肉感的なボディを堪能できる逸品です。

ボディバランスで言えば、若干脚が長く見えてしまうところもありますが、角度的には見映えのするバランスと言えるかもしれません。
左脚の網タイツのシームが、若干ずれてるのは多少は力業で修正できましたが、ちょっと残念かな。

褒め口上の大半がバニースーツのデキに集中しがちな本シリーズにあって(他意はありません)
朝倉さんとしてみてもベストと言えるかもしれません
首は今回はボールジョイントではなく固定されています

繰り返しになりますがなんとも素晴らしいバニースーツの表現でした。
最近再販されたみくるバニー(AA)やハルヒバニーは、その辺改善されてたりするんでしょうかね?

圧倒的なナイスバディが大変素晴らしい、これは人気者なのもうなずけるものです
やわらかそうな肌の質感とバニースーツの張りのある表現の対比
そしてボリュームいっぱいのおっぱい100点だ!
寝そべりポーズというのは意外と見映えのする角度が限られている印象でしたが…
さすが大きさを活かしたこともあって全方位楽しめます…もちろん性的な意味で
おなかの絶妙な起伏にこのスーツのシワ
サイズが大きくなろうと決して大味にならないところが大サイズフィギュアで一番大事なところですね
こうした実物の網タイツを使った製品は今後もこのサイズでお願いしたいなぁ
う〜ん作為的にも感じる集合図、勝利のポーズキメっ!
な〜に、真打ちは最後ってね?
RA:涼宮ハルヒの憂鬱 朝倉涼子 バニーVer. 完成品フィギュア[フリーイング]

CUT A NEWS Topへ
 一言ありましたらどうぞよろしくお願いします