CUT A REVIEW@cutanews

涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ 黒Ver.ダイキ工業版

メーカー:ダイキ工業 発売:2008/12
原型制作:Y乙J(コブラ会)
メーカー希望小売価格:8,925円(税込)

玩具レビュー

「涼宮ハルヒの憂鬱」と書き始めた時点でまーしゃの方が憂鬱になりそうな、そろそろこっちもネタ尽きてきてんだよという、「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズおなじみのバニーガール姿これ何個目だよという涼宮ハルヒ 黒Ver.ダイキ工業(AM)」です。

ここにきて良い勢いで立体化の進んでいる「ハルヒ」シリーズ、アニメ化二期のウワサもあったりなかったりと無いなら無いなりにもいろんな意味で話題に事欠かないハルヒシリーズですが、夏のWFでも多数の製品化が発表されており、その中でも特に注目していたのが今回のバニーハルヒです。

フィギュアにおいて水着ものなんかは、いろいろな要素もあって完成品フィギュア化に恵まれたコスチュームなんだとは思いますが、バニーガールはそういう点でも作り手からも受け手からも人気のあるコスチュームと言えそうですね、まーしゃも一棚分丸々使いそうなくらい大好きさ

作品内でも登場している印象的なコスチュームであって、そりゃ他の作品でバニーガールを出すよりは必然性があるには違いないですが、いくらなんでも多すぎだろう…と思ったことはまーしゃは一度もありません

受注生産という事で飛びついたら白いおっぱい(AM)が発表された時は、ちょっと微妙に思ったけど先に言われていてもきっとそれはそれだったろうと思わせる正当派なバニーさんです。

やや持たせづらいですがギターは弦まで張っていてなかなかそれっぽいつくり、光沢感たっぷりのバニースーツはなんと言っても本物の網タイツによる魅惑の脚線美が素晴らしいですね。

ダイナミックなポーズを支える音符を模した台座がこのフィギュアの一番の特徴となっており非常に印象的なつくりになってますね。
バニーハルヒは食傷気味でしたが、こうしてちょっと視点を変えてみると実に新鮮で、なによりムチムチしたふとももを存分に眺めやすい角度が一番素敵です。

音符のベースは思った以上に印象的で他のバニーハルヒとは一線を画すインパクト
まぁ、こんだけ見慣れるほどバニーが出てりゃ…ねぇ
製品化されている数の割にハズレの少ないハルヒさん
よっぽど単純なパーツ構成なんじゃね?という見解もあるのですが(ねぇよ)
なんだかんだ言ってもこういった髪の毛の表現や笑顔が似合うはつらつさが人気の秘訣なんですかね?
ハルヒ、みくる、長門…このシリーズはやはり乳バリ(造語:おっぱいバリエーション)
が豊富なところもシリーズ展開が楽しみなところ
ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクみたいな?
遠目で見る限り単なるダイナミックなポーズなんですけどね
よく見るとこれすげーわ
台座から外してじっくり堪能できるモード
この魅惑のヒップは100点満点
白いおっぱい(AM)も楽しみです
RA:涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ 白Ver. 完成品フィギュア[ダイキ工業]
RA:涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ 黒Ver. 完成品フィギュア[ダイキ工業]

CUT A NEWS Topへ
 一言ありましたらどうぞよろしくお願いします