CUT A EVENT@Cutanews

WONDERFESTIVAL 2009夏 メーカー編その4

2009年7月26日 幕張メッセ

WONDERFESTIVAL 2009夏 メーカー編その4
WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!

今年の春には、単独でイベントを開催しても十分な集客力を見せつけてくれたWONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!フィギュアファン以外の層へのアピールという点では会場随一、特設ステージ付近は開会直後から閉会直前まで圧倒的な人だかりで常に盛り上がっていました。

まーしゃの個人的な注目度としては、気になるメーカーのトップ3に入る「グッスマ&マックス」さんは、すぐにでも撮影に駆けつけたいブースに違いないのですが、展示ブース付近も常時待ち行列ができるほどで、少し人がはけるのを待つのが玄人判断というモノ…この判断が間違いだと気が付くのは閉会寸前でした。

合間合間でちらちらと様子を見ていたのですがいつまで経っても全然人減らないし、一部展示物は見物する為の順番待ち行列が作られており…「オイオイ…これってまさか閉会までずっとって事は無いよね?」と余裕かましていたまーしゃは、まさにその閉会寸前に駆けつけてなんとか撮影することができたのでした。

アニメ化に続いてゲームも続編登場が囁かれている「WHITE ALBUM
まーしゃ的にも思いで深い作品である為、ともあれ完成品立体物の登場はうれしいところです
一番好きだったヤンデレ系先駆けのみさき先輩の立体化は…あんまり立体映えしない人だしなぁ(ぉ
「らきすた」と「このものじかん」の両シリーズで進行中のFREEingさんの大型サイズフィギュア
その中でも「こどものじかん」シリーズは、ポーズで殺しに来ているなイロイロと…
Giftさんのぬいぐるみシリーズ
好評の東方シリーズに加えてはちゅねミクまで登場し、実にスキのないラインナップですね
今後の新たなおっぱい担当
まだまだ続くタマ姉には是非今後も関羽さんと張り合っていって欲しいですね
未塗装ながらも期待が高まる造形物が多く
なにかと、ねんどろシリーズやfigmaシリーズの話題が先行しがちなところがありますが
まーしゃは固定ポーズ系も応援しています!なんてたってレビューしやすいもんな!

さて、「ねんどろいど」シリーズと銘打ったものの…冒頭で述べた通り、常に人だかりの中にあったねんどろいどのメインブースは終始立ち入ることが難しかった為、ひときわ人気の集中していた「東方Project」シリーズ「ボーカロイド」シリーズ、なによりタイムリーな発表となった「ねんどろいど けいおん」シリーズが撮影できませんでした。(お前なにしに行ったん?)

そんな訳で、そちらについてはスパさん入魂のチートくさい撮影量のWonder Festival 2009 Summer レポート #01 WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!をご覧ください、まーしゃもこれがほとんど初見のモノばっかだからさ!(いや、会場に行っておいてそれもどうよ)

しかし、おかしいな…同じような時間配分で動いていたハズなのに、この撮影量の差はなんだろうか?

プレイバリューの高いねんどろいどシリーズをさらに加速する「ねんどろいどプレイセット」
吹き出しそうな「和室セットです」、これはもう考えるより感じるべき製品ですね
まーしゃが会場で見たねんどろいど霊夢はこれが全てです
入手方法からしてまさに「サーカス商法」、そこにしびれるっ!…いや、そろそろ手加減して欲しいのですが
ねんどろ由夢(AM)の方だけは一般販売有りですが…姉妹の片方だけ通常販売というのがシビレますね!(ぉ
ねんどろいど化?というかそのまんまな訳ですが、さすが癒し系の相乗効果
ラインナップがピンポイントに合わせてきやがる…
こちらはかわいらしさを直球で!
黒ちゃんの微妙な表情が余計にかわいすぎる
なんか、ものすげーわかりやすい商品展開を見せられてる気がするよ
だが、それがイイ

よくうごくキレイ」というキャッチフレーズも懐かしくなってきた「figma」シリーズ、お手軽な価格の上にいじって楽しいこともあって、気が付くとものすごい数が部屋のあちこちに散らばっていたりする人も多いんじゃないでしょうか?…多いよね?(キミはひどすぎるから)

まさにこうしてみると、今後の展開もスゴイモノがありますね。ある時は製品のおまけに、またある時は主製品の方をおまけにしてしまう」という商品バリューとして、常に主を食ってしまいそうなクオリティのfigmaシリーズ、まさにそれを具現化したような本命アイテム(AA)も最近発表されましたが…。

今回のキラーアイテムの一つに違いないですが、ハイ、こちらも撮影しそこねてしまいました。
そんな訳でそちらについては、アキバHOBBYさん凄まじいボリュームレポートから魔法少女リリカルなのはA’s「高町なのは、フェイト・テスタロッサ 制服Ver.」参考展示をご覧ください。

しかし、この撮影量の差…まぁ、アキホビさんの場合はアレだからな。(ぉ

さあ、これもどっちがおまけかわからなくなりそうな逸品になりそうですよ?
そういえば、今のところfigmaシリーズだと唯一のクイーンズブレイドモノ?
撮影枚数の多くなるfigmaシリーズでキャストオフ?
レビュアーを殺す気か
乗り物系の商品展開はうれしいです
らき☆すたシリーズの方の自転車風景はむやみに楽しそうで微笑ましいですね
おっと、四人目も忘れた訳じゃないぜ?
まーしゃはストッキング派だしな(聞いてません)

figmaの潜在的なプレイバリューを最大限に活かす台座と、その名のごとく一体感を醸し出すステージとなりそうな「情景セット」。
複数のfigmaを絡ませてディスプレイする上では、前から欲しかったアイテムのひとつですね。

いろいろと考えられた、かゆいところに手が届く台座となりそうです
各種パーツも拡張可能な展開もうれしいですね

前回WF(WF2008夏)に展示されていた時から、心待ちにしていたまーしゃ的イチオシアイテムのひとつです。
いよいよ今月発売です!…ほんとに今月だよね?

CUT A NEWS Topへ
 一言ありましたらどうぞよろしくお願いします